読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳で初海外女一人旅  ~フランスに行く~

初めてのひとり旅がなんとフランス。以降絶賛ひとり旅満喫中。

週末京都旅行~其の参~

月末はやっぱり忙しい~。

ささっと書いちゃいたかった京都旅行も書けず…(-_-;)

さて、続き書いちゃおう!

 

 

 

翌日は早めに起きてチェックアウト。

そうしないと、京都駅付近にある大量のコインロッカーがいっぱいになってしまうからです。

みなさん大体チェックアウトの時間は同じですからね。コインロッカーが埋まるのも大体同じ時間ですので注意です!

 

荷物をロッカーに入れて身軽になったら、向かうは「嵐山」!保津川下りしてみたくて!!

川下りに行く人は嵯峨嵐山でトロッコに乗って向かう人が多いと思いますが、トロッコの予約が面倒だったのと、亀岡まで行けば、乗り場まで徒歩で行けそうだったので、山陰本線で亀岡まで。京都駅から約30分程です。

 

が、しかし!!

台風11号の影響で川が増水したそうで川下り中止!!

仕方がないので嵯峨嵐山まで戻り、川下りの後に予定していた嵐山観光をすることに。

 

ひとまず「竹林が涼しげで良さそう」という事で「天龍寺」を目指します。

途中、純和風のお宅で紅茶の喫茶店をやられているお店があったので休憩。

この日の京都はほんっっっっっっっとうに尋常じゃない暑さで…。

f:id:peace-of-cakewalk:20150722181517j:plain

冷たいアイスティーと冷たい紅茶ゼリー♡

生き返る美味しさ!

 

だったんですが、食べ終わった後急に吐き気が。

どうやら冷えた店内に入り、冷たい物を口にした急激な温度変化に体が付いていかなかった模様。自律神経が狂ったみたいで、熱中症の初期症状の様な感じでした。

 

お店を出て天龍寺に向かう足取りも重く、お寺に入った所でまた休憩しないと持たない位。

落ち着いた所で境内を見学…、入ってすぐの所にトイレを発見してしまい、ここでトイレとお友達になりました…。

吐くもの吐いたらスッキリ。こういう時は我慢せず吐いてしまった方が良いようです。

 

ここの境内は吹き抜けになっているので、夏は風が通りとても涼しいです。

廊下に座って庭園鑑賞が出来るのですが、心が落ち着くようでオススメです。  

f:id:peace-of-cakewalk:20150722181618j:plain

 

廊下を渡って奥へ進みます。 

f:id:peace-of-cakewalk:20150722190031j:plain

 

水が通っていて涼しげ、癒される~。 

f:id:peace-of-cakewalk:20150722183309j:plain

 

一番奥、後醍醐天皇の尊像が祀られています。 

f:id:peace-of-cakewalk:20150722190205j:plain

 

境内を出たら庭園へ。

ちなみに庭園の見学は500円、境内は100円です。なにこの差(笑)

竹林のトンネルを目指して歩いてたんですが、途中この竹林を休憩所で見て満足。

f:id:peace-of-cakewalk:20150725105614j:plain

目的地を目前に見学終了。

見学を中途半端に終わらせても良いと思うほど、暑さが酷かったのです…。

 

 

天龍寺を出たらお昼を食べて「渡月橋」へ。

f:id:peace-of-cakewalk:20150725110048j:plain

確かに川が濁って増水してました。

台風さえ来なければ川下り出来ただろうし、川もキレイだったんだろうなぁ。

いつかリベンジに行きたいですね。

 

 

京都市内に戻って、また河原町へ。

お土産等のお買いもの、そして休憩に「よーじやカフェ」。

f:id:peace-of-cakewalk:20150725111443j:plain

宇治茶ラテ♪思いの外甘かった。

 

混んでるかと思いきや空いてました!時間によるのかな?

よーじやといえば「あぶらとり紙」はもちろん、オリジナルお菓子やグッズも色々売ってました!

でもお高いので見送り。定番のあぶらとり紙だけ購入(笑)

その後京都駅に戻って、駅ビルで夕食を食べて東京に帰ってきました。

 

今回の旅は川床でのディナー以外の食事が特筆する事がない程全くダメだったのが悔しいですね。

旅行に行ったら美味しい食事がしたいのに、珍しく良い食事が出来なかった。

暑さや人の多さで、お店選びがテキトーになっていた事も敗因の一つでした。

やっぱり事前に調べて予約するのが確実と 実感した旅になりましたが、久しぶりに京都を見学できて楽しかったです!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ