読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳で初海外女一人旅  ~フランスに行く~

初めてのひとり旅がなんとフランス。以降絶賛ひとり旅満喫中。

スーツケースのお修理

久しぶりになってしまいました(汗

そのクセに旅日記ではなく、スーツケースのお話です。

 

このスーツケース。

言わずもがな、ルイ・ヴィトンのトロリーです。

f:id:peace-of-cakewalk:20150828130109j:plain

かなりヨレヨレになってきてますが、それも「味」という事にしておきましょう。

 

少し前から、キャスターがおかしいのには気づいていたものの、誤魔化して使い続けていたところ、いよいよ修理に出さないとヤバいという程になってしまいました。

 

修理前がこちら。

f:id:peace-of-cakewalk:20150828130540j:plain

このキャスターのタイヤ、ちょっと伝わりづらいのですが、タイヤのゴムが劣化して全部取れています。しかも両方とも。残ってるのは芯のプラスチック部分のみ。

出かける前は付いてたんですけどね。きっと私が歩いた後はヘンゼルとグレーテルのパンの如く、ゴムが落ちていた事でしょう。恥ずかしい…。

ガラガラガラガラうるさいなーとは思ってたんですけどね…。

 

裏側も傷だらけ。

f:id:peace-of-cakewalk:20150828131415j:plain

それだけ多くの旅を共にしてきた証。という事にしておきます。

 

さらに修理行きを決定付けた破損個所が。

f:id:peace-of-cakewalk:20150828131643j:plain

f:id:peace-of-cakewalk:20150828131736j:plain

本体とフタ部分を繋ぎ止める部分って言うんでしょうか。

とにかくこのゴムが劣化し、ひび割れ、ゴムの下の革まで割れる始末。

これはヤバい。とソッコーでルイ・ヴィトンさんに駆け込みました。

 

ヴィトンは店舗に直接持って行って大丈夫です。予め電話する必要はありません。

私は一番大きい表参道店へ。工房があって、修理の様子が見れますよ!

 

修理費用が高い事は予想していましたが、本当に高かった。

高いからと言って修理しないわけにもいかないので、見積もりもらって、修理に出しました。

税込6万円ほどです。バッグ1つ買えるよ\(^o^)/オワタ

でも30万以上するものですから、しかたないのかなぁ。(キャスターのみなら7,000円位で済みます)

 

それが7月末のこと。修理期間は約2か月との事でしたが、先日修理が上がったと連絡が入り取りに行ってきました。約1か月だったので、かなり早かったですね。

 

f:id:peace-of-cakewalk:20150828132959j:plain

キャスターは全体が交換されていて、とってもキレイ!滑らかなタイヤ!(←当たり前)

 

この部分もどう修理するんだろうと思ってたんですが…

f:id:peace-of-cakewalk:20150828133311j:plain

まー、お見事!職人技っていうんですかねー!

ヴィトンは革自体とても丈夫なので、シミだらけのヌメ革さえ見なければ新品みたい!

 

帰りがけスタッフの方に教えて頂いたんですが、これはトロリーの初期型で、当然今は売ってない型なので貴重なんだそう。

お手入れさえすれば、ずっと使い続けられますし、これからも大事に、一緒に旅に行こうと思います。

とは言っても、重いし、ファスナー式でセキュリティに難ありだし、ロストバゲージにあったら洒落にならないので国内限定ですが(笑)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ