30歳で初海外女一人旅  ~フランスに行く~

初めてのひとり旅がなんとフランス。以降絶賛ひとり旅満喫中。

最終日~クリニャンクールの蚤の市~

最終日の午前中は行ってみたかったクリニャンクールの蚤の市!ガイドブックに必ず載ってるし、行きたい場所ランキング上位に入るんじゃないでしょうか?

f:id:peace-of-cakewalk:20170317105039j:plain

行ってみたいけど言葉通じないし、値切れないし、治安悪そうだし、トラブルになったら嫌だな~、で避けてました。サクレ・クールですら行けない私にとっては憧れの地でしたが、クリニャンクールへの短時間ツアーを発見!

マイバスでガイドさんと合流。参加者は私たちのみでした。メトロでPyramides ピラミッド駅からPorte de Clignancourt  ポルト・ドゥ・クリニャンクール駅まで移動。ツアー代にメトロのチケ代が含まれています。

f:id:peace-of-cakewalk:20170306162911j:plain

(駅名長すぎて切れちゃった…)

道中、蚤の市で欲しい物・見たい物を聞いてくださいました。若い女性のガイドさんで、偶然にも地元が近かったのもあり、いろんな話をしながら楽しかったです。あと駅に着いた後の事も。

メトロを出たら、治安が悪いって言われてる理由が分かった気がします。雰囲気が中心部とは全然違う、っていうか怖い。でもちゃんと注意してれば大丈夫ですし、蚤の市には基本的に感じの悪い人はいませんでしたよ!

 

さて、蚤の市のエリアは駅から少し離れた所にあり、ピンクの丸で囲った辺りがだいたいのエリア。

f:id:peace-of-cakewalk:20170321172444p:plain

駅から蚤の市までの間に、勝手に「エセ蚤の市ゾーン」と名付けた場所があります。

グーグルマップで見てみるとこんな感じ↓

f:id:peace-of-cakewalk:20170321173131p:plain

この赤いテントは全て露店。グーグルの車が通った時はクローズだったんですねー。ガイドさん曰く「ここが蚤の市だと思って、大したことないじゃーんって勘違いする人がいる」との事。テントの所以外にも、この一帯は手売りで怪しげなブランド物売ってたり、押し売りいっぱいですが、無視して足早に突っ切っきりましょう。

 

そんなこんなで到着! 

f:id:peace-of-cakewalk:20170317104854j:plain

古道具屋さん?

f:id:peace-of-cakewalk:20170317110103j:plain

古本屋さん。洋書ってなんで並んでるだけで雰囲気出るんでしょうね(笑)

f:id:peace-of-cakewalk:20170317105133j:plain

色んなものが無造作に売られてます。こんなの飾ってたらオシャレー。

f:id:peace-of-cakewalk:20170317105338j:plain

回ってる最中にもガイドさんがお店を提案してくれたり、案内してくれたり。お会計の時も通訳してくれるし、もちろん値段交渉もしてくれて本当に心強かった!

 

ここは手芸のパーツ屋さん。日本人女性に人気のお店なんだそうで、日本人の店員さんもいました!

f:id:peace-of-cakewalk:20170317105503j:plain

めっちゃカラフル♡

f:id:peace-of-cakewalk:20170317110019j:plain

店内にはアンティークなボタンやパーツが種類別に盛りだくさんでした。 希望の商品を伝えると探してくれます。

 

アンティークな家具屋さん。持って帰れるのなら買いたい物ばかり!

f:id:peace-of-cakewalk:20170317104940j:plain

アンティーク風かロココ調、クラシックな物まで、家具一つとっても沢山のお店がありました。とてもじゃないけど数時間じゃ回れません。

ツアーは午前中、蚤の市の滞在時間は正味2時間程度。短いですが、それで良かったと逆に思います。見回れなくて収集つかないから!その位広かった!

持って帰れる量にも制限ありますし、初心者にはちょうど良かったと思っています。本当はブランド物とかも見たかったですけどね~。最終日でお財布との折り合いもあったし、もうパッキングも終了してたし…と自分自身を納得させました(笑)

 

で、私の勝利品はこちら~。小さい物ばかりです。

f:id:peace-of-cakewalk:20170324155306j:plain

小さいワセリン缶とアンティーク風のブローチは、冒頭に載せた画像のお店で。お値段は安くもなく高くもなく程度だった気がします(笑)

ツバメのブローチはパーツ屋さんのショーケースに入ってるのを一目ぼれ!手作りのヴィンテージ物で、これが一番高かった~。100€以上はしたと思います。超悩んだけど買って良かった!と納得できる買い物が出来て良かったです。

 

f:id:peace-of-cakewalk:20170324155436j:plain

幅20cm位の変な形のシュールな絵皿(笑) 

 

f:id:peace-of-cakewalk:20170324155522j:plain

ディズニーの雑誌。1953年4月号、お値段9€!

大量の雑誌の中から選んだこれ。フランスではエイプリルフールを「Poisson d'avril ポワソン ダヴリル」(4月の魚)と言って、背中に魚の絵を貼り付けるイタズラをするのが古典的なエイプリルフールらしいんです。で、この絵!笑

 

 

オマケ

アーケード内の壁にあった絵。矢印の方に向かうと

f:id:peace-of-cakewalk:20170317110418j:plain

宇宙船!この中で食事できるのか…!?

f:id:peace-of-cakewalk:20170317111624j:plain

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ